CONTENTS

INFOMATION

平櫛バレエスクール
〒729-0111
広島県福山市今津町5-10-31
TEL.084-934-4180

 

公演情報詳細

オスカー・ワイルド原作
★創作バレエ★
幸福の王子

−金色に輝く幸福の王子の銅像と一羽のツバメの物語−

PHOTO:テス大阪 
●演出.振付.音楽編集 アンヌ・ヒラグシ
●制作監督 平櫛真一(HBS)
●舞台監督 田和伸二(タワ・スタッフ・コラボレーション)
●衣裳製作 HBS衣裳製作部・[衣裳協力]高橋政子・江種みゆき
●舞台美術・照明・音響 HBS舞台製作部・[美術協力]佐藤孝洋
●操作技術 [舞台] タワ・スタッフ・コラボレーション
[照明] 大山千代美
[音響] 橋本朋久(HBS)
●記  録 [写真]  有限会社テス大阪
[ビデオ]株式会社イージービデオ企画
●印  刷 株式会社アルネット

あらすじ 金色に輝く幸福の王子の銅像と一羽のツバメの物語 (原作 オスカー・ワイルド)
 プロローグ ツバメの旅立ち
  ヨーロッパの北のある国に秋風が吹き始めると、ツバメたちは南の国のエジプトに向けて旅立ちの支度を始めます。

 第1景 王子の銅像が建つ広場
 街の中を流れる川のほとりには、ツバメに追われた蛾の群れが集まり、アヒルたちは青々と茂る葦の中に見え隠れしています。ツバメたちは過ぎゆく夏を惜しむように川辺から街並みの上空を飛び回り、やがてエジプトを目指して南の空に消えて行きます。教会での勉強を終えた生徒たちは広場に走り出て、その昔、幸福の王国と言われていた頃の王子の銅像の周りに集まります。美しい宝石や金箔で被われた王子の姿は、生徒たちにはまるで天使のように見えていました。でも先生や周りの大人たちは只の銅像としか思っていませんでしたから、生徒たちにいつまでも王子なんか眺めていないで早く家に帰るようにと促します。誰もいなくなった広場の王子の像の足下に一羽のツバメが降り立ちます。そのツバメは南に向かった仲間たちとはぐれて街に残されたツバメです。なぜか悲しそうな王子の像の様子が気になって舞い降りた一羽のツバメが、王子の像に声をかけると、王子の像は幸せだった昔の国のことを話し始めます。

 第2景 幸福の王国
 王子が生きていた頃の王国は、幸せが国中に満ちていました。国は豊かで、身の回りには金銀・宝石が溢れ、人々の心も光り輝いていました。王子も友人たちと固い絆で結ばれ幸せな生活が続いていました。王子が突然死を迎えたとき、友人たちは嘆き悲しんで、宝石をちりばめ金色に輝く立派な銅像を街の広場に建てました。

 第3景  エジプトの幻影
 一羽のツバメは、幸せだった王国の話を王子の像から聞いているうちに、自分の仲間たちが待っているエジプトのことを思い出します。王家の谷には王族の先祖の墓であるピラミッドが建ち並び、ヘビやワニが墓を守るように棲んでいます。エジプトの土地に豊かな実りをもたらすナイル川の川岸には朱いトキが何羽も立ち並んで、金魚の泳ぎを見つめています。上流にはピンクのカバが群れをなし、広い沼地の一面に蓮の花が咲き乱れています。博識のスフィンクスが人々に睨みを利かせこの土地の平和を守っています。ツバメは、何故王子の像が悲しそうなのか、なんとなく分かるような気がして暫く王子の像の傍らに居ようかと思いつつも、寒い冬が訪れる前に一刻も早く仲間が待っているエジプトへ旅立たなくてはと思います。

 第4景  王子の贈り物
 高い柱の上に建つ王子の像の目に映るのは、この世の貧しくて悲しい人生ばかりです。像に付いている宝石を、動くことが出来ない自分に変わって貧しい人々に届けてほしいと、王子の像は一羽のツバメに頼みます。一羽のツバメは早く旅立たなければと思いながらも、一日だけならと王子の像の頼みを聞いて王子の剣から大きなルビーを抜き取って貧しいお針子のもとへ届けます。帰ってくると今度は両目のサファイアを貧しい学生とマッチ売りの少女に届けてほしいと頼まれます。これが最後と、両目からサファイアを抜き取って貧しい二人のもとへ届けます。王子の像は帰ってきたツバメに早く旅立つよう勧めますが、ツバメは両目を失った王子の像を残して行けません。ツバメは王子の像のことが一番好きになっていました。王子の像の指示に従い、像を被っている金箔を剥がして貧しい兄弟を始め、多くの貧しい人々のところへ届けます。すっかりみすぼらしい姿になった王子の像を見た街の役人が、像を解体して工場で溶かしてしまいますが、鉛で出来ている心臓だけは残ります。季節はもう冬となり、一羽のツバメも降りしきる雪の中で凍え死んでしまいます。この世で一番大切な物を二つ探してくるように命じられた神の使者たちは、この街の隅に転がっていた王子の像の鉛の心臓と一羽のツバメの死骸を見つけて神の前へ運びます。神は使者たちを讃え、王子とツバメに天国での永遠の命を与えます。
 
PHOTO:テス大阪 


公演日程

第69回
平櫛バレエ福山公演
2011年12月23日(金)2:00PM
リーデンローズ 大ホ−ル
www.city.fukuyama.hiroshima.jp/r-rose/
[後援]福山市教育委員会・(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま芸術文化ホール・
中国新聞備後本社・中国放送・エフエムふくやま
[主催]平櫛バレエスクール福山
●指定席2,500円/自由席:2,000円
●お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第62回
平櫛バレエ岡山公演
2012年3月25日(日)2:00PM
岡山市民会館
http://www.okayama-shiminkaikan.jp/access.html
[後援]岡山県・岡山市・(財)岡山市スポ−ツ文化振興財団・山陽新聞社・RSK山陽放送
[主催]平櫛バレエスクール岡山
●入場料:2,000円
●お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第41回 平櫛バレエ
倉敷/玉野公演
2012年4月22日(日)2:00PM
倉敷市民会館
www.kcpf.or.jp/hall/shimin/index.html
[後援]岡山県・倉敷市・玉野市・倉敷市教育委員会・玉野市教育委員会・
山陽新聞社・RSK山陽放送・OHK岡山放送・倉敷ケーブルテレビ・FMくらしき
[共催]倉敷市文化連盟
[主催]平櫛バレエスクール倉敷・平櫛バレエスクール玉野
●入場無料(要入場券−当日配布有)
●お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第45回
平櫛バレエ笠岡公演
2012年5月13日(日)2:00PM
笠岡市民会館
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/28/siminkaikan.html
[後援]笠岡市・笠岡市教育委員会・笠岡市文化連盟・(財)笠岡市文化・スポ−ツ振興財団・
山陽新聞社・RSK山陽放送・ゆめネット笠岡放送
[主催]平櫛バレエ笠岡教室「白鳥会 」
●入場無料(要入場券−当日配布有)
●お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第67回
平櫛バレエ尾道公演
2012年6月10日(日)0:30PM
6月10日(日)5:00PM
しまなみ交流館テアトロシェルネ
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/
www/section/detail.jsp?id=1158
[後援]尾道市
[主催]平櫛バレエスクール尾道
●入場無料(要入場券)
●お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
PHOTO:テス大阪 


ホームページ制作 株式会社シンクライズ http://www.syncrise.co.jp 携帯ホームページ作成ツール Syncモバイル http://www.mobile.sync-cms.jp