CONTENTS

INFOMATION

平櫛バレエスクール
〒729-0111
広島県福山市今津町5-10-31
TEL.084-934-4180

 
公演情報詳細

ヒラグシモダンダンスカンパニー制作
モーリス・メーテルリンク原作
創作バレエ「青い鳥」
●演出.振付.音楽編集 アンヌ・ヒラグシ
●制作監督 平櫛真一(HBS)
●舞台監督 田和伸二(タワ・スタッフ・コラボレーション)
●衣裳製作 HBS衣裳製作部・[衣裳協力]高橋政子
●舞台美術・照明・音響 HBS舞台製作部・[美術協力]佐藤孝洋
●操作技術 [舞台] タワ・スタッフ・コラボレーション
[照明]
大山千代美
福田哲也(有限会社ケアー)
高宮由美子(有限会社ケアー)
[音響]  橋本朋久(HBS)
●記  録 [写真]  有限会社テス大阪・[ビデオ]株式会社サンレコ
●印  刷 株式会社アルネット

あらすじ  
 第1景 きこり小屋
  クリスマス・イヴの日、ツリーも何もない寂しいきこり小屋では、チルチルとミチルの兄妹が、窓の外の賑わいを羨ましそうに眺めながら、想像の中だけでクリスマス気分に浸っています。そこへ突然入り口の戸が開いて妖婆が現れ、病気の娘のために幸せの青い鳥を探してきてほしい、と頼みます。二人がどうしたらよいのか戸惑っていると、妖婆は帽子を取り出し、この帽子についているダイヤモンドを回してみなさいと言って渡します。チルチルが受け取った帽子を被ってダイヤを回すと、妖婆は女神に変身し、飼っている犬のチローと猫のチレットは人間のような姿になって走り回り、部屋の中のあらゆる物が美しく輝いて、砂糖の精、パンの精、ミルクの精、時の精、水の精、火の精、光の精が次々と現れて二人を励まします。みんなに勇気づけられたチルチルとミチルは、チローとチレットをお供にして青い鳥を探す旅に出発します。
 第2景 思い出の国
 最初に訪れた思い出の国では、亡くなったはずのおじいちゃんとおばあちゃんが、懐かしい姿のままで椅子に座って二人を暖かく迎えてくれます。小さい時に死んでしまった弟と妹も、昔のままの姿で現れて、六人そろって楽しい時間を過ごします。
 第3景 夜の国
 次に訪れた夜の国では、満天の星が輝き、ホタルが舞い踊っています。夜の女王が現れて、この国にある全ての部屋のドアを開けることができる鍵を渡します。一番目の部屋を開けると戦争が飛び出します。次の部屋には悲しみがいっぱいです。次の部屋は花園で、その次の部屋ではナイチンゲールが飛び回っています。最後の部屋は、中に入ったら二度と出られないと言われていましたが、思い切って開けてみると部屋の中は青い鳥でいっぱいです。二人は大喜びでつかまえようとしますが、青い鳥は手を触れたとたんに死んでしまいます。
 第4景 墓場〜深い森
 霧がたちこめる墓場を歩いていると、霧の中から骸骨が現れます。思わず帽子のダイヤを回すと骸骨の姿は消え、天使が集まってきます。少しほっとしてさらに森の奥へ進んでいくと、いつの間にかいなくなっていた猫のチレットに呼び寄せられた森中の動物が、犬のチローに襲いかかります。二人は必死でチローを助けます。どうやらチレットは、青い鳥が見つかったら、人間だけが幸せになって自分たちのような動物や植物はますます片隅に追いやられる、と思い込んでいるようです。フクロウや藤のつるも加わって二人の行く手を阻みます。雷鳴と共に木の精が現れ、二人を森から追い出そうとします。チルチルが帽子のダイヤを回すと木の精は退散しますが、ここでも青い鳥は見つかりません。
 第5景 未来の国
 森を抜け、不思議な光の中に入っていくと、時のおじいさんが現れます。ここは、これから生まれてくる子供たちが、生まれる前の支度をしている未来の国です。時のおじいさんの号令で、今日生まれることが決まっている何人かの子供が船に乗り、地球に向かおうとしています。二人は、生まれる前のことを思い出したような気になり、優しく子供たちを見送ります。
 第6景 幸せの宮殿
 二人は青い鳥をあきらめて家に向かいますが、到着したのは歓喜であふれる幸せの宮殿です。青い鳥は見つかりませんでしたが、二人の心はとても幸福な気持ちで満ちています。「はやくおかえりなさい。」という優しいお母さんの声が聞こえ、ふと気がつくと二人はきこり小屋に戻っています。そして鳥かごの中には、探していた青い鳥がちゃんと入っています。チルチルとミチルは、病気の娘の回復を願って鳥かごを妖婆に手渡します。そして二人は、周り中にある物が愛おしくてたまらなくなり、全ての物が輝いて見えるようになります。


公演日程

第63回
平櫛バレエ福山公演
2005年11月26日(土)6:00pm
11月27日(日)1:00pm
リーデンローズ 大ホ−ル
  • [後援]福山市教育委員会・                                  
    (財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま芸術文化ホール・中国新聞備後本社・中国放送・エフエムふくやま
  • [主催]平櫛バレエスクール福山
  • 指定席2,500円/自由席:2,000円
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第56回
平櫛バレエ岡山公演
2006年4月2日(日)1:00PM
岡山市民会館
  • [後援]岡山市・(財)岡山市スポ−ツ文化振興財団・山陽新聞社・山陽放送
  • [主催]平櫛バレエスクール岡山
  • 入場料:2,000円
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第28回
平櫛バレエ
備前/西大寺公演
2006年4月23日(日)1:00PM
備前市民センター
  • [後援]備前市教育委員会・備前市文化協会・山陽新聞社
  • [主催]平櫛バレエスクール備前・平櫛バレエスクール西大寺 
  • 入場無料(要整理券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第35回 平櫛バレエ
倉敷/玉野公演

2006年5月13日(土)6:00PM
5月14日(日)1:00PM
倉敷市民会館
  • [後援]倉敷市・倉敷市教育委員会・山陽新聞社・山陽放送・
    倉敷ケーブルテレビ・FMくらしき
  • [共催]倉敷市文化連盟
  • [主催]平櫛バレエスクール倉敷・平櫛バレエスクール玉野
  • 入場無料(要整理券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第39回
平櫛バレエ笠岡公演
2006年6月11日(日)1:00PM
笠岡市民会館
  • [後援]笠岡市・笠岡市教育委員会・笠岡市文化連盟・(財)笠岡市文化・スポ−ツ振興財団・山陽新聞社・山陽放送・ ゆめネット笠岡放送
  • [主催]平櫛バレエ笠岡教室白鳥会
  • 入場無料(要整理券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第44回
平櫛バレエ井原公演
※日時が変更になりました。
2006年5月28日(日)3:00PM
2006年6月25日(日)1:00PM
井原市民会館
  • [後援]井原市・井原市教育委員会・井原市文化協会
    山陽新聞社・中国新聞備後本社
  • [協賛]井原放送
  • [主催]井原市文化協会バレエ部
  • 入場無料(要整理券−当日配布有)
  • お問い合せ: 井原市文化協会バレエ部 電話0866−62−2557
    平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第61回
平櫛バレエ尾道/因島公演
2006年7月9日(日)
昼1:00PM
夜5:30PM
しまなみ交流館テアトロシェルネ
  • [後援]尾道市
  • [主催]平櫛バレエスクール尾道・平櫛バレエスクール因島  
  • 入場無料(要整理券)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180 


ホームページ制作 株式会社シンクライズ http://www.syncrise.co.jp 携帯ホームページ作成ツール Syncモバイル http://www.mobile.sync-cms.jp