CONTENTS

INFOMATION

平櫛バレエスクール
〒729-0111
広島県福山市今津町5-10-31
TEL.084-934-4180

 
公演情報詳細

ヒラグシモダンダンスカンパニー制作
エルショフ作 冒険ファンタジー「せむしの子馬」より
創作バレエ「イワンと子馬」
●   演出.振付.音楽編集 アンヌ・ヒラグシ
●   制作監督 平櫛真一(HBS)
●   舞台監督 田和伸二(タワ・スタッフ・コラボレーション)
●   裳製作 HBS衣裳製作部・[衣裳協力]高橋政子
●   舞台美術・照明・音響 HBS舞台製作部・[美術協力]佐藤孝洋
●   操作技術 [舞台] タワ・スタッフ・コラボレーション
[照明]
大山千代美
福田哲也(有限会社ケアー)
高宮由美子(有限会社ケアー)
[音響]  橋本朋久(HBS)
●   記  録 [写真]  有限会社テス大阪・[ビデオ]株式会社サンレコ
●   印  刷 株式会社アルネット

あらすじ 純真無垢な少年イワンと不思議な力を持つ小馬の冒険ファンタジー
 第1景 夜の小麦畑
  昔、ロシアの国の、ある村に、三人の兄弟が住んでいました。兄弟達は両親から小麦畑の世話をまかされていましたが、小麦の穂が青青と育った頃、毎晩のように何者かに畑を荒らされるようになります。ある夜のこと、見張りを言い付けられた三男のイワンが小麦畑に潜んでいると、畑荒らしの犯人らしき真っ白な馬が現れます。イワンが畑の中で飛び跳ねる白い馬を追い詰めると、お詫びの印にと立派な黒馬を二頭と不思議な佇まいの小さい馬を差し出して許しを請い、小馬だけは絶対に手放さないようにと言い残し去っていきます
 第2景 村祭りの夜
 小麦の収穫を祝う祭りの日、村の男達や女達が踊り騒いでいる中、酒に酔った二人の兄は、祭りの輪を離れて野原にやってきました。イワンが隠して飼っていた二頭の黒馬が、月の光に照らされ輝いている姿を見つけ、これは高値で売れると、早速都に連れて行こうとします。それを見ていた小馬は急いでイワンに知らせ、一緒に二人の兄の後を追います。途中、とても美しい火の鳥の羽があちらこちらに落ちているのを見つけ、イワンが拾おうとすると、危険だから触れてはいけないと小馬に制止されます。それでもイワンは、小馬に見つからないように羽根を一本だけ拾って服の中に隠し持ち、都に向かいます。
 第3景 都の広場
 子供達が元気に遊び回る都の広場に、家臣を引き連れた王様が現れ、二人の兄が連れてきた二頭の黒馬を見つけます。二人の兄と値段交渉を始めたところにイワンと小馬が割って入り、王様は黒馬の本当の持ち主のイワンから買い上げることにします。しかし黒馬が、イワンにしか扱えない暴れ馬だと知ると、イワンを馬番として雇い、一緒に宮殿へ戻ります。イワンの出世に嫉妬した家臣は、イワンが火の鳥の羽根を隠し持っていることを知り、近づいたら命が無くなるという火の鳥をイワンに捕らえさせてはと、王様をそそのかします。命令を受けたイワンは、危険を承知で火の鳥が住むという銀の山に向かいます。
 第4景 銀の山
  銀の山には色とりどりの小さな花が咲き乱れ、さらに先には朝露に濡れた青草が生い茂り、イワンの行く手を阻みます。賢者の小馬の案内でやっと火の鳥を見つけ出し、さらに小馬の魔法のおかげで命を落とすことなく一羽の火の鳥を捕まえて、宮殿に持って帰ります。まさか無事に火の鳥を連れ帰るとは思いもしなかった大臣は、今度はこの世で一番美しいという南の海の王女を連れてこさせてはと王様に進言します。イワンは再び難題に挑むことになります
 第5景 南の海
  小馬とともに南の海にたどり着いたイワンは、海の女王に会い、娘を妃に迎えたいという王様の意向を伝えます。南の海の存亡に関わる大事な指輪を紛失して困惑していた女王は、指輪を見つけ出すことを条件に承諾します。イワンは、魚、ウツボ、海藻、ロブスターなどに指輪の行方を尋ねながら、最後には海蛇の案内で指輪を見つけ出し、いやがる王女を王様の元へ連れ帰ります。
 第6景 宮殿の庭
   本当に南の海の王女がやってくるとは思いもしなかった王様は、狂喜して早速婚礼の支度を始めますが、王様の妃になることを拒む王女は、自分の伴侶になるべき方は超人でなくてはならないと、煮えたぎる魔法の湯を大きな釜に用意させ、王様にさあ飛び込んで私に相応しい王子に変身してくださいと告げます。王様は恐れおののき、まずイワンに本当に魔法が効くのか試させることにします。死を覚悟して飛び込んだイワンは、小馬の魔術のおかげで見事に立派な王子に変身します。それを見て安心した王様は、勢いよく熱湯の中に飛び込みますが、二度と釜から出てくることはありませんでした。王子となったイワンは海の王女を妃として、末永く平和に暮らしました。


公演日程

第64回
平櫛バレエ福山公演
2006年11月18日(土)6:00pm
11月19日(日)1:00pm
リーデンローズ 大ホ−ル
  • [後援]福山市教育委員会・
    (財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま芸術文化ホール・

    中国新聞備後本社・中国放送・エフエムふくやま
  • [主催]平櫛バレエスクール福山
  • 指定席2,500円/自由席:2,000円
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第57回
平櫛バレエ岡山公演
2007年4月8日(日)1:00PM
岡山市民会館
  • [後援]岡山市・(財)岡山市スポ−ツ文化振興財団・山陽新聞社・山陽放送
  • [主催]平櫛バレエスクール岡山
  • 入場料:2,000円
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第29回
平櫛バレエ
備前/西大寺公演
2007年4月29日(日)1:00PM
備前市民センター
  • [後援]備前市教育委員会・備前市文化協会・山陽新聞社
  • [主催]平櫛バレエスクール備前・平櫛バレエスクール西大寺
  • 入場無料(要入場券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第36回 平櫛バレエ
倉敷/玉野公演
2007年5月19日(土)6:00PM
5月20日(日)1:00PM
倉敷市民会館
  • [後援]岡山県・倉敷市・倉敷市教育委員会・山陽新聞社・山陽放送・
  • 倉敷ケーブルテレビ・FMくらしき
  • [共催]倉敷市文化連盟
  • [主催]平櫛バレエスクール倉敷・平櫛バレエスクール玉野
  • 入場無料(要入場券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第40回
平櫛バレエ笠岡公演
2007年6月10日(日)1:00PM
里庄町総合文化ホール フロイデ

 
  • [後援]里庄町・笠岡市・笠岡市教育委員会・里庄町教育委員会・笠岡市文化連盟・(財)笠岡市文化・スポ−ツ振興財団・山陽新聞社・山陽放送・ ゆめネット笠岡放送
  • [主催]平櫛バレエ笠岡教室「白鳥会 」
  • 入場無料(要入場券−当日配布有)
  • お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第45回
平櫛バレエ井原公演
※日時が変更になりました。
2007年7月22日(日)2:00PM
2007年6月24日(日)1:00PM
井原市民会館
  • [後援]井原市・井原市教育委員会・井原市文化協会
  • 山陽新聞社・中国新聞備後本社
  • [協賛]井原放送
  • [主催]井原市文化協会バレエ部
  • 入場無料(要入場券−当日配布有)
  • お問い合せ: 井原市文化協会バレエ部 電話0866−62−2557                                                  平櫛バレエ本部 電話084−934−4180


ホームページ制作 株式会社シンクライズ http://www.syncrise.co.jp 携帯ホームページ作成ツール Syncモバイル http://www.mobile.sync-cms.jp