CONTENTS

INFOMATION

平櫛バレエスクール
〒729-0111
広島県福山市今津町5-10-31
TEL.084-934-4180

 
公演情報詳細

ヒラグシモダンダンスカンパニー制作
音楽劇「魔笛」より
創作バレエ「魔笛」
創作バレエ「魔笛」
●   演出.振付.音楽編集 アンヌ・ヒラグシ
●   制作監督 平櫛真一(HBS)
●   舞台監督 田和伸二(タワ・スタッフ・コラボレーション)
●   衣裳製作 HBS衣裳製作部・[衣裳協力]高橋政子
●   舞台美術・照明・音響 HBS舞台製作部・[美術協力]佐藤孝洋
●   操作技術 [舞台] タワ・スタッフ・コラボレーション
[照明]
大山千代美
福田哲也(有限会社ケアー)
高宮由美子(有限会社ケアー)
[音響]  橋本朋久(HBS)
●   記  録 [写真]  有限会社テス大阪・[ビデオ]株式会社サンレコ
●   印  刷 株式会社アルネット

あらすじ 陰と陽の戦いに迷い込んだ青年が試練を克服して愛を成就する物語
 第1景 闇の女王と太陽の神
  陰の世界を支配する「闇の女王」と光の国に君臨する「太陽の神」の確執が頂点に達し、ついに「太陽の神」は二人の娘である「パミーノ姫」を「闇の女王」から引き離して光の国へ連れ去ります。悲嘆に暮れる「闇の女王」は「二人の魔女」を呼び寄せて、姫を救出するよう言い渡します。魔女たちは女王から授かった魔法の笛と不思議な鈴を携えて、光の国へ向かいます。
 第2景 神秘の森
闇の国と光の国の間には、神秘な空気に包まれた深い森が横たわっています。その森に棲む「鹿」の群れを追って、ある国の青年「タミーノ王子」と「王子の友人」たち、「闇の女王」に仕える奇妙な姿をした動物「パパゲーノ」が登場します。そこへ、姫救出の命を受けた「二人の魔女」が現れ、王子に魔法の笛を渡して姫の救出を頼みます。「パパゲーノ」には不思議な鈴を渡して王子について行くよう命じます。「タミーノ王子」が笛を吹き、「パパゲーノ」が鈴を鳴らすと、「こがね虫」、「蜂」、「小鳥」たちが次々と集まってきて楽しい踊りを披露します。次に現れた天使の化身である「永遠の子供」に促されて笛を吹くと、光の国で謀反を起こした「太陽の奴隷」に捕らわれている「パミーノ姫」の幻影が、森の奥に現れます。「タミーノ王子」と「パパゲーノ」は二手に分かれ、「カラス」や「うさぎ」たちに別れを告げて姫の救出に向かいます。森の外れで奴隷に捕らわれている姫を見つけた「パパゲーノ」が震える手で魔法の鈴を鳴らすと、奴隷たちは踊りながら去っていきます。奴隷たちから解放された姫は、太陽の神殿に戻ります。
 第3景 太陽の神殿
  「太陽の精」が飛び回る太陽の神殿に到着した「タミーノ王子」は、「パミーノ姫」を奪回しようと「太陽の神」に戦いを挑みます。「闇の女王」の悪巧みを知っていた姫は二人の間に割って入り、王子に真実を告げます。王子は、女王の魔法を退けるために神が与えた三つの試練を克服することを約束し、「光の妖精」の案内で「パミーノ姫」と共に一つ目の試練である「沈黙」の行に入ります。
 第4景 水の神殿
  沈黙の行に打ち勝った「タミーノ王子」と「パミーノ姫」は、「ツララの兵隊」をかいくぐり、「氷の精」の防壁を打ち破って水の神殿に入ります。「水の妖精」たちの歓迎とは裏腹に凄まじい「水」の襲撃を受けますが、暴れ狂う「水」は魔法の笛の力によって鎮められ、二人は水の神殿を後にします。
 第5景 火の神殿
  最後の試練は、轟々と音を立てて燃えさかる火の神殿を通過することです。恐ろしい形相で二人に襲いかかる「火の精」を払いのけ、「炎の妖精」に ”二人が互いの愛を信じ合っていれば怖がることは何もないよ” と励まされ、手に手を取って激しく燃え上がる「炎」の中に身を投じます。「炎」に包まれる瞬間に吹いた笛の音が神殿に響き渡ると、瞬く間に「炎」の姿は消え去り、二人は無事火の神殿から脱出します。喜び合う二人は、ふと友人「パパゲーノ」のことを思い出し、魔法の笛を吹いてみると、失意の底から這い出るようにふらふらとした足取りで「パパゲーノ」が現れます。三人は太陽の神殿に向かって歩き出します。
 第6景 太陽の神殿
  太陽の神殿に着いた「タミーノ王子」と「パミーノ姫」は、光の国の人々の歓喜の声に包まれながら祭壇の前に立ちます。王子と姫の愛と叡智の力で「闇の女王」の悪しき魔法が消え、この世界が闇の支配から解放されたことを「太陽の神」が宣言します。この様子を物陰から覗きこんでいた「闇の女王」に朝の強い光が注ぎ始めると、女王は悲鳴をあげてその場から立ち去ります。その後、闇の世界は太陽の沈むときだけに現れ、日の出とともに地の底に戻ることとなります。人々は、時の秩序の復活と平和の訪れに感謝し、喜びを分かち合います。


公演日程

第65回
平櫛バレエ福山公演
2007年12月22日(土)6:00pm
12月23日(日)2:00pm
リーデンローズ 大ホ−ル
[後援]福山市教育委員会
(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま芸術文化ホール
中国新聞備後本社・中国放送・エフエムふくやま
[主催]平櫛バレエスクール福山
指定席2,500円/自由席:2,000円
お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第58回
平櫛バレエ岡山公演
2008年3月29日(土)6:00PM
3月30日(日)2:00PM
岡山市民会館
[後援]岡山市・(財)岡山市スポ−ツ文化振興財団・山陽新聞社・山陽放送
[主催]平櫛バレエスクール岡山
入場料:2,000円
お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第37回 平櫛バレエ
倉敷/玉野公演
2008年4月26日(土)6:00PM
4月27日(日)2:00PM
倉敷市民会館
[後援]岡山県・倉敷市・玉野市・倉敷市教育委員会・玉野市教育委員会・
山陽新聞社・RSK山陽放送・OHK岡山放送・
倉敷ケーブルテレビ・FMくらしき
[共催]倉敷市文化連盟
[主催]平櫛バレエスクール倉敷・平櫛バレエスクール玉野
入場無料(要入場券−当日配布有)
お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第41回
平櫛バレエ笠岡公演
2008年6月8日(日)2:00PM
笠岡市民会館
[後援]笠岡市・笠岡市教育委員会・笠岡市文化連盟・
(財)笠岡市文化・スポ−ツ振興財団・山陽新聞社・山陽放送・
ゆめネット笠岡放送
[主催]平櫛バレエ笠岡教室「白鳥会 」
入場無料(要入場券−当日配布有)
お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第46回
平櫛バレエ井原公演
2008年6月22日(日)2:00PM
井原市民会館
[後援]井原市・井原市教育委員会・井原市文化協会
山陽新聞社・中国新聞備後本社
[協賛]井原放送
[主催]井原市文化協会バレエ部
入場無料(要入場券−当日配布有)
お問い合せ: 井原市文化協会バレエ部 電話0866−62−2557
平櫛バレエ本部 電話084−934−4180
第63回
平櫛バレエ尾道公演
2008年7月6日(日)1:00PM
7月6日(日)5:30PM
しまなみ交流館テアトロシェルネ
[後援]尾道市
[主催]平櫛バレエスクール尾道・平櫛バレエスクール因島
入場無料(要入場券)
お問い合せ:平櫛バレエ本部 電話084−934−4180

ホームページ制作 株式会社シンクライズ http://www.syncrise.co.jp 携帯ホームページ作成ツール Syncモバイル http://www.mobile.sync-cms.jp